キャプチャ

659:
バイオ数時間やっても酔わなくなってクリアしたからスカイリム始めたら10分ぐらいで急激に気持ち悪くなる
これも慣れるんだろうか?


  広告



660:
>>659
OPが一番酔うw
で最初はワープで初めてだんだん慣れてきたんだけど、この前久しぶりに起動したら軽く酔いました
時間が経つと耐性が元に戻っちゃうのかな?


665:
>>659
「VR空間の地面の高さ」を「リアル床の高さ」とピッタリ一致させていないと、没入感が大きく削がれし、酔いが激しくなる。

高さを合わせるには、
・PS4メインメニューの「設定」の「瞳孔間距離の設定」(顔の写真を撮って設定する項目)
・Skyrimのオプションの、VRの視点の高さの設定
を使用する。


1.ヘッドセットを着けたり外したりしやすいように、バンドを緩めておく。

2.直立した状態で、「VR空間内の地面」のすぐ近く(足元の辺り)を見る→自分の首や目の向きはそのままでヘッドセットを外して(目元をずらずだけで十分)、リアル床の足元の辺りを見る。

3.2で「VR空間内の地面」とリアル床とで高さが違っていたら、Skyrimのオプションの視点の高さのスライダーを動かして再度2を実行。高さがピッタリと合うまで繰り返す。

4.3で高さがピッタリと合った後は、人物キャラクターなどの大きさの感じ方(背が高過ぎる、低すぎるなど)が変化するため、
HomeキーでPS4メインメニューに戻って、設定でIPDを変更して、表示の大きさを調整する。直感的に適切な表示サイズだと感じるように合わせればOK。

5.IPDを合わせると再び高さがズレるため、仕上げにもう一度1~3で地面の高さをリアル床とピッタリ合わせる。


以上の手順により、地面の高さをリアル床と精密に合わせることができる。
これで、リアル床と地面が親子付けされた状態、つまり、足の裏で常に「現実とシンクロしたオブジェクト」を触っている状態になる。

ちなみに、ウチではIPDを30mm(顔の写真撮影後、内向きに40回十字キーを押した状態)+Skyrimオプションの視点の高さが最も左から右向きに3回動かしたところに設定している。
度の強い眼鏡をかけているので、IPDは最小値(29mm以下に設定しようとするとエラーになる)になっている。


661:
いまだにスカベンジャーは酔う


662:
スカベンジャーはひねりが加わってるからなあ


663:
スカイリムは坂とかジャンプみたいに上下に動くと一気に酔う
スカベンジャーとリュージュは全然ダメでした


引用元:http:2ch.sc